ハウスクリーニング・ワンは大阪・堺市を拠点に活動中です!

汚れの種類

汚れの種類

石鹸カス

浴室で良く見かける、その名の通り「石鹸のカス」です。
とくに床面、浴槽や壁面の腰高より下辺りの部分に多く見られます。(体を洗う際に石鹸が飛び散る範囲)

ダーク色の壁などは解りやすいですが白っぽい色の壁等は解りにくく、なかなか気づきませんが、固着してくるとなかなか除去出来ません。風呂椅子なんかは特に酷いですね。

これらの汚れは酸性洗剤が有効です。こちらで使用する酸性洗剤も取り扱いには充分な注意が必要なので、プロにお任せ下さい。

あまり固着していなければスポンジと中性洗剤で落ちますので、少なくとも一週間に一度は腰下辺りを重点的に清掃すれば良いでしょう。

大阪のハウスクリーニングはお任せ下さい!


水アカ

基本的にはキッチンの流し台や、浴室、洗面台トイレ等の水回りに発生する固着し、白くなった水跡です。
シリカ、スケールとも呼びます。

中性洗剤やアルカリ洗剤をつけてスポンジ等で擦ってもびくともしません。

これらは酸性洗剤を使用しますが、取り扱いには注意が必要です。
又、堅いパットやブラシ等で擦ると浴室や浴槽の素材はデリケートなのでこれらも注意が必要です。

ハウスクリーニングはお任せ下さい!


鏡のウロコ汚れ

主に浴室などの湿気の多いところにある鏡やガラスに付着するかなり重度の汚れ。
水アカの一種で、シリカ、スケールともいいます。これらが発生する原因は、水道の水が付着し水滴となったまま放置され、乾燥してしまうと水アカとなる成分だけが残り、白い輪っかの様に型が着きます。これらが蓄積されると私どもプロでも完全に除去するのは困難で、クリーニング方法として、研磨するのですが、あまりやりすぎると表面に傷が残る為、慎重に作業を進めていかないといけません。
こういう事になる前に、日々のメンテナンスとしては、最後に浴室を後にされる方が、水で流し、その後にスクイジーという車のワイパーの様な水切りを使用すると良いでしょう。

ハウスクリーニングはお任せ下さい!


尿石

尿の成分が便器の淵などに固着してしまったもので、尿の成分である、カルシウムイオンが反応して付着します。
黄色又は黄土色のものが一般的で、トイレ内の悪臭の原因の多くはこれらです。
この汚れの除去は尿石クリーナーという強酸性洗剤等の劇薬となりますので、一般の方の取り扱いは出来ません。

ハウスクリーニングはお任せ下さい!


結露

一般的には冬の窓やアルミサッシ、浴室の壁などにつく水滴です。これらは特にマンション等の鉄筋住宅の日当たりの悪いお部屋や押入れ等の壁にも出る場合があります。
これらが原因でカビが発生します。
これらの発生を抑止する方法として換気をこまめにする事が一番ですが、窓などは最近では二重のものや断熱性の高いものがあるのでそういった事で対処する事も出来ます。

ハウスクリーニングはお任せ下さい!


powered by HAIK 7.0.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional