浴室のお手入れ

水アカ、石鹸カス、黒ずみ

基本的には入浴後(最終に入られた方が)壁面を中心に鏡、浴槽、床等に水(お湯は×)をかけ、その後、スクイジー(自動車のワイパーの様なもの)で水を切ります。
※この際に拭き残りがあると、水アカが固着、蓄積されます。

本来はここまでしないと汚れが固着し、今後のおそうじが困難になります。 この作業を毎日繰り返す事がめんどうであれば完全ではありませんが、せめて石鹸カス汚れが着き易い壁面の腰高から下のみ(よほどでなければ天井や、壁面上部まで汚れない為)を上記の様に水かけ、水切りは最低限実施する必要があります。

ドアのレール(特に下部に水が溜まる所)も水切りをお忘れなく。

日々のおそうじでは、市販の中性洗剤やスポンジ(ゴムスポンジ:スポンジの両面又は片面に柔らかめのナイロンタワシが貼ってあり、そこにゴム樹脂を吹き付けているもの。)を使用する事がベター。メラミンスポンジ等は壁面のプラスチックパネルや浴槽面に傷を着ける恐れがありますので極力避けて下さい。

これらの汚れを放置し固着させてしまいますと、酸性洗剤が有効ですが、浴室(特にユニット)はデリケートな素材が多様にあるので、私達プロにご依頼された方が安心です。


カビ

基本的には、カビキラー等の次亜塩素酸ナトリウムという薬品が含まれる塩素系洗剤(混ぜるな危険!というやつです)が有効とされますが、有毒ガスが発生する為、マスクやメガネの着用が勧められています。しかし、健康の事等を考えると出来れば使いたくありません。

もし、カビが発生したら直ぐに市販の浴室洗剤(中性も可)を使用し、歯ブラシ等で擦れば落ちる場合が多いです。それでも困難な場合は、カビキラー等が有効ですが、更に厳しい場合は、更にそこへキッチンタオル等で湿布すると除去能力がパワーアップします。

※カビキラー等の匂いがどうも無理!という方は、パワーは落ちますが、お酢や酸素系漂白剤などを使用するのも良いです。これらはカビキラー等に比べパワーが弱いので、先にご説明した湿布を使うと更に有効です。

大阪でのハウスクリーニング・浴室はお任せください

 浴室メニューへ 
  お問合わせ